読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記3 -ロールシャッハ・テスト、パーソナリティ障害-

※閲覧注意です。精神障害について触れるので人によっては不快な内容となります。

 先日、ロールシャッハ・テストを受けてきたのでその結果を書きたいと思います。
ロールシャッハ・テスト(英: Rorschach test, Rorschach inkblot test)は、投影法に分類される性格検査の代表的な方法のひとつである。
被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定するものである。
スイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハによって1921年に考案された。ロールシャッハ法、ロールシャッハ検査、ロールシャッハ検査法などとも呼ばれる。
wikiより引用

詳しくは↓

ロールシャッハ・テストとは?何がわかるの?10枚のカードからパーソナリティ像が浮き彫りになる心理査定について徹底解明!|WELQ [ウェルク]


 要するに被験者にインクのしみを見せて、何に見えるかによってその人のパーソナリティーを分析し、問題点の改善法を探る心理テストの一環です。

僕が見せられたのはこれら10種。まんまネットに落ちてて笑いました。

f:id:blueseagull:20161021180301j:plain

 

 なぜブログにまとめたかというと第1に自分の現状をまとめ前に進むため。そしてもし同じように対人関係や精神的な障害に苦しんでいる人の参考になればと思いまとめました。
 
 一応、現状僕が正式に診断をされている病名をまとめると、抑うつ、不安障害、パーソナリティ障害(回避性、依存性の併用)、パニック障害ADHD、身体醜形恐怖、それに伴う視線恐怖、不眠症PTSD、記憶障害です。

 

 不幸告白大会ではないですが、自分の生い立ちから軽く延べたいと思います。(これはテストを受ける前にカウンセラーの方に述べた、なるべく客観的なものです。僕がこうなった参考にはなると思いますが飛ばして頂いても結構です)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 まず幼少期は父親から虐待を受けていました。(これがのちの精神障害の種になったと思います)その後父親が別件で逮捕され、離婚。母方の実家に引っ越しました。そのため幼稚園には通っておらず同世代の人間との関わり方が分からないまま小学校を卒業しました。(当時母親にヒステリー発作、また祖父母に気を使うのが嫌でたまらず基本的に夜までずっと図書館に通っていました)
 そして中学入学。皆、多感で残酷な時期。冴えない僕は例に漏れず、いじめを受けました。教室に机がない、無視は当たり前。そしてなにより当時の僕はニキビ、髪のくせ毛、歯並びが悪く容姿の悪口が酷かったです。まあ今も醜いんですが…笑(ここから恐らく醜形恐怖を発症)またADHDの症状は自覚していたため一時期通院もしていましたが、1年でめんどくさくなり通院を止めました。(のちに再発)
 それを小説と音楽とノベルゲームの力を借りつつ何とか高校へ進学。環境も新たに(わざわざ隣町の学校を受け、暗い性格を矯正、髪型も整えました。)違和感はありつつも一時期は上手くやれていたはずです。(一応何人かの女性とお付き合いもありました)しかし進学した高校が中途半端な進学校(地元の国立大に進むのが正義、それ以外はクソみたいな…)の特進クラスにいた為、徐々に疎外感を感じ始めます。そして家庭内では祖父母が認知症を患い要介護状態、1日中奇声を上げている状態、母親は仕事のストレスを僕や妹に向け、妹はキレる見たいな地獄の家庭環境へ。そして高3の春に今でも悪夢に見る出来事が起こります。前述の通り僕の高校は中途半端な進学校のため面倒事は冴えない奴に任せる校風があったため、何故か生徒会副会長をやらされていました。身の丈に合わない役職。また生徒会が文化祭の企画、予算作成、運営を行い、3人しかいなかったので文化祭当日まで、1ヶ月間毎日徹夜で作業をしていました。そして文化祭当日、まあこんな僕だからあるミスをやらかします。それが全校生徒アンケートで大量に名指しで批判され、教室が怖くなり、完全に保健室登校に。(思えばここからうつ病を発症していたと思います)毎日の様に夢でうなされるようになります。
 その後全く勉強に身が入らず、母親が勧めるがままに県外の大学に進学。もちろん馴染めるはずがなく、人間関係も学内でやらかし完全に孤立。半年間バイト以外は引きこもり、本を1日2、3冊読む生活をしてました。(見事に留年)また夜勤をしていたため不眠症になり、ここらへんから病院をたらい回しにされ、それがいやで某個人輸入通販で精神薬を購入しやり過ごす日々。(これがいけなかった)
 しかし、そんな僕にも居場所を見つけられたのです。Twitterを通し、For Tracy Hyde、Boyish、Tenkiame周辺の人々との交流。依存性パーソナリティ障害を持つ僕はその人達といるのが楽しくてずぶずぶハマっていきました。しかし今年春にBoyish脱退Tenkiame解散。そして就活、馴染めない研究室、母親の怒りの鬼電話、長年勤めたバイト先が潰れる…。色んな事が見事に重なり糸が完全に切れ、全く身体が動かなくなり毎日布団に包まり「死にたい」しか思わない日が2ヶ月続き、ぶっ倒れ、入院。でも多くの方に励ましのお言葉を頂き今は前向きに生きようと、半年で社会復帰を目標に療養中です。

以下OMOIDE IN MY HEAD状態。

 

高校時代後半、完全に死んでいる僕。(卒アルより抜粋)

f:id:blueseagull:20161021180628j:plain

 

素晴らしき日々1。僕の初ライブを見にきてくれた、管さん、岩澤さん、Mav.さん、月島さん。

f:id:blueseagull:20161021180705j:plain

 

素晴らしき日々2。2014年8/10日@渋谷LUSHでBoyish加入後初ライブのリハ前

f:id:blueseagull:20161021180914j:plain

 

素晴らしき日々3。Boyish、2ndアルバム発売記念。

f:id:blueseagull:20161021181007j:plain

 

素晴らしき日々4。Tenkiameのアー写を撮ろうと試行錯誤。@こいちじかん

f:id:blueseagull:20161021181058j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 前書きが長くなりました。ここから10枚のインク絵をみた僕の回答(パッと見で何も考えず答えました)とそれに対する診断を軽くまとめます。(「」内が僕の回答、→が診断結果。結構噛み砕いてます)

 

1.

f:id:blueseagull:20161021181434j:plain

「兎を捕食した狼」

→内向的、人に対して過敏さや傷つきやすさを持っていてそれを回避しようとする傾向がある。

 

2.

f:id:blueseagull:20161021181947j:plain

「自分の足を出血させて踊り、女性を楽しませる男」

→自分はつまらない人間であり、何か特別で突拍子のない行動をすることでしか人に興味を持って貰えないと思っている。

 

3.

f:id:blueseagull:20161021182225j:plain

「ヤカンの様なものを獲り合う2人の女性、ないし動物」

→人間は争うものと思っていて出来ればそれを避けたい、そしてその為に人間自体を避ける傾向がある。

 

4.

f:id:blueseagull:20161021182618j:plain

「弱者(僕)を見下す大きな存在、または怪物」

父親や権威者との間に何らかの問題がある、うつ状態、対人接触への不安や嫌悪。

 

5.

f:id:blueseagull:20161021182759j:plain

「翼に無数にナイフが刺さった蝶」

→常に誰かの視線を気にしており、それを避けようとする。

 

6.

f:id:blueseagull:20161021182913j:plain

「十字架に縛りつけられ、拷問を受けるキリスト」

→自分は罰を受けるべき人間だと思っている。または現実と妄想が混在しがちである。

 

7.

f:id:blueseagull:20161021183044j:plain

sigur rosのアルバム ()のジャケット」

→好きなものの事になると盲目的になりがち。

 

8.

f:id:blueseagull:20161021183247j:plain

「(画像わかりづらいですが、急に色が鮮やかになったため)わからない」

→ある一定化の状態に陥ると判断能力が低下する。

 

9.

f:id:blueseagull:20161021183512j:plain

「8と同じ理由でわからない。あえて言うならスーパーカーFuturamaのジャケット」

→6、7と同じ。

 

10.

f:id:blueseagull:20161021183625j:plain

「(8、9と同じ理由のため)わからない」

→6、7と同じ。付け加えるなら自分は醜い存在で人の輪に入れないと思っている。

 

総合的診断結果

  • 人への好意と敵意が織り交ざってしまう。
  • 人と話していると自分が嫌われているのではないかと感じてしまう。
  • ある一定化のストレスがかかると(ストレス耐性が低い)現実を直視出来なくなってしまう。
  • 何か問題が発生すると自分に関係がなくても自分が悪いと感じてしまう。

完全に回避性/依存性パーソナリティ障害ですね。いやまあわかってましたけど。

 

今後の対策、改善点

  • まずは1対1で本心から人と話す。
  • 広いコミュニティよりは狭いコミュニティが向いている。
  • 広く浅い交友関係を築くべきである。
  • 自己否定を止め他人と自己を混在しない様な思考することが大切である。

 とのことでした。まあここら辺もぶっちゃけると、自分でかなり書籍等で勉強したので、分かってはいる事でしたがいざ実行するとなると難しいものです。でも入院以降、自分と向き合えてからは積極的に人と会い、なるべく本心で人と話してきたつもりです。(10人以上は1対1で話したと思います)すると、ありがたいことに相手は真剣に話を聞いてくれ、相手も(多分)本心で返してくれたと思います。本当にありがたいことに。

すると昔は感じていた人と別れた後の「あの時の発言は良くなかった」「あの人は僕と話して楽しかったのかな?不快じゃなかったかな?」というモヤモヤした気持ちは薄らいできました。

 

 本心で人と話すというのは、人を選ぶかもしれないし、プライドや恥、過去の失敗から中々難しいことだと思います。でも僕には幸せな事に本心を聞いてくれる知人、友人がいます。なので今後は、カウンセリング、薬を併用すれば回復に向かうと信じています。もし同じ様な人間関係で悩んだり自分がパーソナリティ障害じゃないかと思う人は医者に相談してみたり、信用できる人に本心で話しをしたら何か変わるかもしれません。僕で良ければいつでも話を聞きます。

 木下理樹は「SAD SONG」で「「苦しんだ分だけ強くなる」そうじゃねえ弱くなったんだ」と歌っていたけど、もう苦しんだ分だけ弱くなる人間になりたくない。苦しんだ分だけ強くなる、人の痛みを少しでも分かる人間に僕はなりたい。

 

 前半は自分語り、後半は何だか悟りを開いた人みたいになっちゃいましたが、ここまで気持ちをもっていけたのは本当に周りの皆さんのお蔭様です。本当にありがとうございます。ではまた。(次こそはブログで健全な話をするぞ!)