読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記4 -ふぁぼは祈りだ。僕はふぁぼる。-

  先日「ふぁぼは祈りだ。僕はふぁぼる。」というツイートをしたんですが、これには色々思うことがあってツイートしたのでそれについて今回は書きます。主にTwitterとふぁぼについて。

そもそもこのツイートは舞城王太郎の『好き好き大好き超愛してる。』の序文、

 

「愛は祈りだ。僕は祈る。僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降り注ぐといい。」

 

というなんとも青臭くも美しい文章からの引用で、引用元を貼ってしまえばもう僕の書きたいことは終わってしまうのだけど、もう少し続けます。引用元が青臭いんで内容も青臭くなってしまいますが、ご容赦を…。

 

Twitter

 僕は基本的にはTwitterというSNSに感謝している。(もちろん変な奴に絡まれたり、攻撃的なツイートを見て不快な気持ちになる時もあるけれども…)今僕が親しくさせて頂いてる方達は基本的にTwitterで知り合ったし、境遇や環境や住んでいる場所の違いも含め現実では知り合えるはずのない人ばかりだ。特に僕が以前所属していたBoyish、Tenkiameのメンバー、その周辺の方達、そして麻枝准トリビュートの人たち、特にKさんとTさんの出会いはとても刺激的で僕の精神的な支えになっている。だから僕は今後どのような使い方をするにしてもこの出会いを大事にしたい。

 

・ふぁぼ

 本題のふぁぼについて。僕は良くふぁぼをする。それはリプライを中々飛ばせないネットでもコミュ障というのもあるけれども、前述の『好き好き大好き超愛してる。』の序文の様な気持ちを込めて。ふぁぼには色んな種類があると思う。単純にいいねという気持ちから、そのツイート面白いという気持ちから、後で読みます(または聞きます)という気持ちで、既読の意味を込めて、その人を祝福するつもりで、その人を励ますつもりで。でも僕の根底にあるのは祈りだ。ふぁぼした人の幸せを祈る気持ちで、幸せを祝福する気持ちで、その人の人生が少しでも良くなる様に祈る。僕はふぁぼのマークが☆から♡に変わってこの気持ちが強くなった。だって僕にとってふぁぼは祈りだから。そう祈り。だから今日も僕はふぁぼる。「僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降り注ぐといい。」そんな気持ちを込めて…。

 

追記

 SNSの使い方は人それぞれだと僕は思ってるし、あまりにも過激な発言をしなければそれで良いと思ってる。人によってふぁぼの基準やふぁぼの意味合いも違うだろう。でもいつも僕のツイートをふぁぼってくれる、Tさん、Pさん(まだまだたくさんいますけどとりあえず)ありがとうございます。多分一度も直接のやり取りはしていない"ふぁぼだけの関係"(良い意味で)ですが、いつも励まされております。これからもよろしくお願いします。